野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星が命運かけた“制球重視”の投球フォーム 思い出す岩隈氏の6年前の言葉

菊池雄星が命運かけた“制球重視”の投球フォーム 思い出す岩隈氏の6年前の言葉

マリナーズの菊池雄星投手が、キャンプ2日目の19日(日本時間20日)、ブルペンで投球練習を行った。持ち球すべてを交えて約50球。練習後のオンライン会見では「今までで一番よかったんじゃないかなと感じています」と満足感を漂わせた。メジャー3年目のキャンプは、意識を下半身に置いて投げ、制球を重視するフォームを固める意向だ。

会見に臨んだマリナーズ・菊池雄星(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだマリナーズ・菊池雄星(画像はスクリーンショット)

ブルペンで約50球「今までで一番よかったんじゃないかなと」

 マリナーズの菊池雄星投手が、キャンプ2日目の19日(日本時間20日)、ブルペンで投球練習を行った。持ち球すべてを交えて約50球。練習後のオンライン会見では「今までで一番よかったんじゃないかなと感じています」と満足感を漂わせた。メジャー3年目のキャンプは、意識を下半身に置いて投げ、制球を重視するフォームを固める意向だ。【木崎英夫】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 体重を3キロほど落とした菊池の顔は引き締まっていた。「無駄なものをなくす」という意識で今オフは食生活に気を配り、筋力の低下と筋力トレーニングに影響のない程度の無理のない減量で、投球への効果を狙ったものではないと言うが、一連の投球動作をよりシンプルにした投球フォームに今季の命運をかけている。

 昨季は、日本時代からつながる動作解析の専門チームと歩調を合わせ、1年目の反省点となった体の横振りを修正するため、左肘がスムーズに呼応するフォームに改造して臨んだ。昨年7月26日のアストロズ戦では自己最速の98マイル(約158キロ)の直球を投げ込み、速いカットボールを多投するなど、持ち球の「球威と質」を収穫に挙げたが、ストライク率はわずか51%に留まり、初球のストライク率は50.5%だった。真上から投げ下ろすフォームの再調整が必要となった。

 オフの課題は明確になった。「1年間コンスタントに自分の思った通りに投げられるピッチングフォーム、コントロールを一番のゴールにしていました」。参考にするため好投手たちの映像を見続けた。ヒントが浮かんだ――。上体の反動で勢いをつけることなくシンプルに投げていることだった。

「特に去年は反動を使って投げていました。なるべく、反動を使わずに自分の体をコントロールしながらですね。去年は意識しないと(左肘が)上がらないという感じではありましたけど、今はある程度安定してきました。逆に今度は下半身を中心になるべく考えたいなというふうに思ってますから」

「創造的な破壊」と公言していた改造フォームだが、思えば、菊池は、昨年9月25日の最終登板となったアスレチックス戦で、封印していた。3年目への模索はあの時から始まっていたのか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」