野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「160キロは出したい」 オリドラ1・山下舜平大、考えるのは「ストレートのことばかり」

最速153キロを誇るオリックスのドラフト1位ルーキー・山下舜平大投手。プロ初のキャンプではブルペンで中嶋監督も驚愕するストレートを披露するなど、そのポテンシャルは無限大だ。今回はFull-Countの独占インタビューに応じ、尊敬する山本由伸投手、こだわり続ける直球など1年目のシーズンに向けた思いを語ってくれた。

オリックス・山下舜平大【写真:荒川祐史】
オリックス・山下舜平大【写真:荒川祐史】

山本由伸、山岡泰輔らの投球に「レベルが高い、正直びびった」

 最速153キロを誇るオリックスのドラフト1位ルーキー・山下舜平大投手。プロ初のキャンプではブルペンで中嶋監督も驚愕するストレートを披露するなど、そのポテンシャルは無限大だ。今回はFull-Countの独占インタビューに応じ、尊敬する山本由伸投手、こだわり続ける直球など1年目のシーズンに向けた思いを語ってくれた。【橋本健吾】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 身長189センチ、体重93キロの大型右腕は一歩ずつ、ゆっくりとプロの階段を上っている。キャンプ終盤に差し掛かりブルペンでは捕手を立たせての投球が続いてる。まだ5、6割の投球でも中嶋監督、福良GMら首脳陣らの評価はうなぎ上りだ。

 同じ高卒ルーキーたちが実戦デビューを果たす中でも焦りは感じていない。「体も怪我もなく、痛い所もない。コンディショニングも良い状態で、ブルペンも回数を踏むごとに順調です。初めてのキャンプでちょっと疲労も出てきたのでそこを乗り越えて行きたい。みんなは紅白戦に出ているので、焦りというよりもその段階かぁ。凄いなぁと…今の段階でもう(試合に)出てるんだなと感じています」。

 オリックスのキャンプ地は1軍、2軍の球場が隣接しており、ブルペンは1箇所だが10人が同時に入れる広さだ。山本由伸、山岡泰輔らエース級の投球を間近で感じ「ブルペン、キャッチボールとか予想していたよりだいぶレベルが高い。正直びびった(笑)」と、一流投手たちの力を実感した様子。

 2軍スタートの高卒ルーキーにとっては目から鱗の経験だったようで「もちろん球筋も見ますが。上半身の使い方は人によってバラバラなので、自分は常に下半身を見るようにします。右足の使い方。体重移動とか軸足の使い方。ピッチャーは足を使って投げる。自分にとってはずっと課題だったので勉強になりました」。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」