野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大は「中6日・120球」への対応が関門か 今月決定、楽天開幕投手は誰に?

田中将大投手が8年ぶりに復帰した楽天が22日、沖縄・金武キャンプを打ち上げた。チームは今月いっぱい沖縄県内に残って練習試合5試合を行い、3月1日に本拠地・仙台へ戻る予定。石井一久GM兼監督は3月26日の今季開幕戦(対日本ハム、楽天生命パーク)に先発する「開幕投手」について、「沖縄にいる間にと考えている」と今月中に決める考えを示した。

楽天・則本昂大、田中将大、涌井秀章(左から)【写真:荒川祐史】
楽天・則本昂大、田中将大、涌井秀章(左から)【写真:荒川祐史】

過去9度の涌井を筆頭に岸、則本昂と経験者ズラリ

 田中将大投手が8年ぶりに復帰した楽天が22日、沖縄・金武キャンプを打ち上げた。チームは今月いっぱい沖縄県内に残って練習試合5試合を行い、3月1日に本拠地・仙台へ戻る予定。石井一久GM兼監督は3月26日の今季開幕戦(対日本ハム、楽天生命パーク)に先発する「開幕投手」について、「沖縄にいる間にと考えている」と今月中に決める考えを示した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季の楽天の先発投手陣は田中将をはじめ、涌井秀章、岸孝之、則本昂大と実績のある顔ぶれがそろう。開幕投手がこの4人の中から選ばれるのは間違いないだろう。

 4人はそれぞれ、経験も豊富だ。則本昂は昨季を含め楽天で6度も大役を務めている。一昨年オフに金銭トレードでロッテから移籍した涌井は、西武時代に5度、ロッテで4度、計9度という断トツの経験を誇る。岸も楽天で一昨年に1度、西武時代にも2度、計3度務めている。

 田中将の楽天での開幕投手は2012年の1度だけだが、メジャーで名門ヤンキースのオープニングピッチャーを7年間で4度も務めている。8年ぶりの日本球界復帰登板が開幕戦になったとしても、重圧に感じることはないだろう。現役時代にヤクルトで5度の経験がある石井監督が誰を指名するか。

 ここで改めて注目されるのは、石井監督がキャンプ中に「アメリカは中4日で100球が目安だが、今年僕としては、中6日で120球。先発投手としてはそこをクリアしてほしい」と発言している点だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」