柳田、千賀、東浜らは開幕に間に合うか? 鷹の主力リハビリ組の現状は…

ソフトバンクの千賀滉大、柳田悠岐、東浜巨(左から)【写真:福谷佑介】
ソフトバンクの千賀滉大、柳田悠岐、東浜巨(左から)【写真:福谷佑介】

現在、ソフトバンクの支配下選手でリハビリ組にいるのは投手6人、野手5人

 2月も終盤となり、プロ野球のキャンプも終わりが見えてきた。対外試合も本格的にスタートし、選手たちはここから実戦を通して、開幕に向けて調整を行っていくことになる。

 2年連続のリーグ優勝、5年連続の日本一を狙うソフトバンクも23日から対外試合がスタート。西武と対戦し、周東佑京内野手が2安打を放つなど、ポジションを争う若手選手がアピール合戦を繰り広げた。

 そのソフトバンクで気がかりなのが、故障者たちの状態だろう。現在、主砲の柳田悠岐外野手、エースの千賀滉大投手をはじめ、東浜巨投手や今宮健太内野手、高谷裕亮捕手ら多くの主力選手がリハビリ組で調整している。

 果たして彼らは開幕に間に合うのか。気を揉んでいるファンも多いことだろう。

 現在、リハビリ組にいる支配下登録選手は野手5人、投手6人。野手は柳田、今宮、高谷に加えてドラフト2位ルーキーの笹川吉康外野手と頸椎の手術からの復帰を目指す九鬼隆平捕手。投手は千賀、東浜に加え、甲斐野央投手、渡邉雄大投手、板東湧梧投手、松本裕樹投手という面々となる。

今宮は復帰目前、柳田もバッティングには影響なし

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY