元巨人・高木勇人がメキシカンリーグで戦力外に 元楽天・リズ獲得の煽り受け

元巨人、西武の高木勇人【写真:編集部】
元巨人、西武の高木勇人【写真:編集部】

昨季はシーズン中止でBC神奈川へ、今季再びメキシコでのプレー目指すも…

 メキシカンリーグのレオネス・デ・ユカタンは23日(日本時間24日)、元巨人、西武の高木勇人投手を戦力外とした。元楽天のラダメス・リズ投手の獲得に伴い、外国人枠を空ける必要が出たためと発表している。

 2019年に西武から戦力外通告を受けた高木は昨季、ユカタンに入団。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響でメキシカンリーグが中止となり、昨年7月からはルートインBCリーグの神奈川でプレーしていた。オフに神奈川を退団し、再びメキシコでのプレーを目指していたところだった。

 一方、ドミニカ共和国出身のリズは2016年に楽天でプレー。5試合に登板して0勝3敗、防御率6.94の成績で退団すると、米マイナーリーグ、CPBL(台湾プロ野球)などでプレーしていた。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY