野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「衰え感じていない」37歳迎えるヤクルト坂口 ライバル加入も「勝負できる」

今年の7月7日で37歳を迎えるヤクルトの坂口智隆外野手。大ケガを乗り越えコツコツと安打を積み重ね昨季は通算1500安打も記録した。実績十分のベテランだがプロ19年目を迎える今シーズンは「自分自身の野球人生で大きなポイントになる年」と捉えている。飽くなき向上心で突き進むヒットマンが勝負の1年に向かう心境を大いに語った。

ヤクルト・坂口智隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・坂口智隆【写真:荒川祐史】

37歳を迎えるシーズン「想像していた30代後半より『体は動くんや』って」

 今年の7月7日で37歳を迎えるヤクルトの坂口智隆外野手。大ケガを乗り越えコツコツと安打を積み重ね昨季は通算1500安打も記録した。実績十分のベテランだがプロ19年目を迎える今シーズンは「自分自身の野球人生で大きなポイントになる年」と捉えている。飽くなき向上心で突き進むヒットマンが勝負の1年に向かう心境を大いに語った。【取材・構成/橋本健吾】

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「体も順調ですし、想像していた30代後半より『体は動くんや』って思いますね。どこか衰えたとも感じてないし良い形でスタートは切れたんじゃないかな」

 これまで度重なる逆境を乗り越え現在の地位を築き上げた。オリックス時代の2012年に右肩脱臼、靭帯断裂の大ケガ負うと、その後は本来の打撃を取り戻せず2015年オフに自由契約を自ら申し出てヤクルトに移籍。2016、17年と2年連続で155安打をマークし完全復活。だが、2018年には青木宣親の復帰により中学生以来となる一塁手にもチャレンジ。2019年はシーズン序盤に左手親指骨折で離脱すると打撃の感覚が戻らず、わずか22試合の出場に留まった。昨季は114試合に出場し通算1500安打を記録したが納得できる打撃内容ではなかった。

「他の選手はどうか分からないけど、自分の中では怪我をしたら元の状態には絶対に戻れないと思っている。2012年の時にはそこを追い求めて時間がかかった。あの時の経験が今に生きているとは思っています。新しい形にチャレンジする。去年の成績はダメだったけどその中で何か一つでも数字が上がっていることはプラスに捉えたい。イメージしているものは徐々に出来上がってきている」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」