野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大、180万円のVIPファンクラブ14分で完売 担当者も衝撃「まさかのスピード」

楽天は球団公式ファンクラブ「TEAM EAGLES」の新コースとして、田中将大投手のファンクラブ「マー君クラブ」を設立。25日に入会の受け付けを開始したが、10人限定で年会費180万円の「マー君クラブVIP」は入会受け付けから14分で完売した。

楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

1万8000円コースも30分足らずで500人突破

 楽天は球団公式ファンクラブ「TEAM EAGLES」の新コースとして、田中将大投手のファンクラブ「マー君クラブ」を設立。25日に入会の受け付けを開始したが、10人限定で年会費180万円の「マー君クラブVIP」は入会受け付けから14分で完売した。

【画像】年会費180万円コースの実際の特典

「マー君クラブ」は午前10時18分から入会申込の受け付けをスタート。サイトアクセスの集中で一時つながりにくい状況となったが、限定1000人で年会費1万8000円コースも30分足らずで500人を突破した。入会受け付けの開始から14分で完売したVIPコースは申込みフォームも閉じている状況だ。

 球団が個人ファンクラブを設立するのは故・星野仙一元監督にちなんだ「1001クラブ(2011年~2014年)」以来2度目で、選手個人のファンクラブとしては初の試み。球団担当者は「VIPの180万円は正直勇気がいる値付けでした。田中選手はそれだけのバリューに値すると球団が信じて商品設計をし発表したものの、『高い』という反応が多かったのも事実なので、多少の不安もありました。しかしながら、まさかのスピード完売で、びっくりしています。ご入会いただいたお客様には、180万円が安かったと思っていただけるようなサービスを提供してまいります」とコメントした。

「マー君クラブ」のVIPコースには田中将の直筆サイン入りプロモデルユニホームや、プロモデルキャップなどのグッズのほか、50万円相当の「1-Day Premium VIP Ticket」の招待券など特典が含まれる。年会費1万8000円のコースは販売中のグッズとはバージョン違いの「MyHEROタオル」や田中将が登板したホームゲーム勝利時に行う「マー君とオンラインわしほー集会」イベント参加権利などの特典がつく。

 2種類のコースとも、田中将自身のブランド「MTXIX(エムティーナインティーン)」のロゴを背番号18バージョンにリメークした「エムティーエイティーン」のマー君クラブ限定コラボグッズが特典に含まれる。それでも、改めて田中将の人気を感じさせるものとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」