野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

まるで現代のノムさん? 楽天・石井一久監督から見えてきた指導者理論

2018年8月から務めている楽天のGM職に加え、今季から現場の指揮も執る石井一久監督。指揮官として初めてのキャンプを終え、今後は3月26日の開幕へ向けて練習試合やオープン戦を重ねていくことになる。徐々に見えてきた一久流の監督像とは──。

楽天・石井一久GM兼監督【写真:荒川祐史】
楽天・石井一久GM兼監督【写真:荒川祐史】

マー君とも共通するメジャーで活躍→日本復帰の貴重な経験

 2018年8月から務めている楽天のGM職に加え、今季から現場の指揮も執る石井一久監督。指揮官として初めてのキャンプを終え、今後は3月26日の開幕へ向けて練習試合やオープン戦を重ねていくことになる。徐々に見えてきた一久流の監督像とは──。【宮脇広久】

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「野村監督にはたくさんのことを教えていただいた。今年のシーズンでは、いろいろ自分なりにアレンジしながらやっていきたい」

 石井監督は、現役時代の恩師である故・野村克也さんの一周忌となった11日、感慨を込めてそう決意表明した。

 野村さんと言えば「ボヤキ節」。時には直接叱るのではなく、メディアを通じて苦言を呈する手法を得意としていた。その方が当人にインパクトを持って伝わりやすいケースがあるからだ。石井監督も現役時代の飄々としたイメージとは裏腹に、辛口のコメントを発することがある。

 ルーキーイヤーから6年連続2桁勝利をマークした後、最近2年連続で5勝にとどまっている則本昂大投手に対してはキャンプ序盤、「本来は最多勝にも手が届く能力の持ち主」と認めた上で、「今年ダメだったら、(来年以降も)あまりいい方向に進まない。そこは本人も承知して、しっかりやってくれています」と危機感をあおった。

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手が、積極的に若手へアドバイスを送っていることが話題になると、「人に聞くことも大事だけれど、それを自分でしっかり噛み砕いて、実践できるようにならなければ意味がない。あとは自分の頑張りだと思います」と若手に釘を刺した。

 また、ノムさんのボヤキ節には、南海(現ソフトバンク)や就任当初のヤクルトなど、注目度の高くないチームを指揮した経験から、話題づくりを狙ったリップサービスの面があったともいわれる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」