野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天の開幕投手は涌井に決定? 石井監督が掲げた条件に照らし合わせると…

楽天は26日までに、開幕投手候補の田中将大、則本昂大、岸孝之、涌井秀章の4投手が1度ずつ実戦登坂した。今季からチームの指揮を執る石井一久GM兼監督は「なんとなくは決めた。近々、皆さん(報道陣)にお伝えできればと思います」と語った。自身も現役時代に大役を5度務めた指揮官が考える「開幕投手の条件」とは──。

楽天・涌井秀章【写真:荒川祐史】
楽天・涌井秀章【写真:荒川祐史】

自身は現役時代にヤクルトのエースとして5度の大役

 楽天は26日までに、開幕投手候補の田中将大、則本昂大、岸孝之、涌井秀章の4投手が1度ずつ実戦登坂した。今季からチームの指揮を執る石井一久GM兼監督は「なんとなくは決めた。近々、皆さん(報道陣)にお伝えできればと思います」と語った。自身も現役時代に大役を5度務めた指揮官が考える「開幕投手の条件」とは──。【宮脇広久】

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 4人の候補のうち先陣を切って実戦登坂したのは、チームに8年ぶりに復帰した田中将だった。20日の日本ハムとの練習試合(金武)に先発し、2回4安打3失点。石井監督はこの時点で、開幕投手について「ある程度頭の中には描いていますが、それを言葉にする段階ではない。まだ(実戦で)投げていない投手もいるので、登板を1~2回見たあたりで、各ローテーション投手には(公式戦での登板日を)伝えていきたい」と語っていた。

 その後、23日の日本ハム戦(名護)に先発した則本昂は、2回を1人の走者も許さずパーフェクトに抑えた。25日のDeNA戦(宜野湾)に先発した岸も、2回1安打無失点。26日のヤクルト戦(浦添)では涌井が2回無安打無失点、許した走者は味方のエラーによる1人だけだった。実戦初登板に関しては、軟らかいマウンドへの対応に苦戦した田中将以外は、相手に得点を許さなかった。

 石井監督はまず、先発ローテ入りの条件として「中6日で120球は投げてほしい」と各投手に伝えており、これは大前提。その上で、開幕投手について「基本的には昨年しっかり頑張れた人。そして、チームはシーズン約1500イニングを守ることになるが、そのうちどれだけの“パイ”を食べてくれるかという話。1番早く投げる投手には、どんどんイニングを食べていってほしい。そういう投手に任せたい」と語った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」