野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

40歳になっても止まらぬ進化 鷹・和田が取り組む新球種習得「大事なボールに」

本当に40歳か? そう首を傾げたくなるような投球だった。最高気温14度、寒風吹くSOKKENスタジアムでソフトバンクの和田毅投手が上々の仕上がり具合を披露した。オリックスを相手に3回を投げて2安打1失点。失点も3回にセーフティースクイズを決められて奪われたもので、それ以外はほぼ完璧と言えるものだった。

オリックス戦に登板したソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】
オリックス戦に登板したソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】

昨季は100球前後で交代も「球数、イニングを伸ばしていきたい」

 本当に40歳か? そう首を傾げたくなるような投球だった。最高気温14度、寒風吹くSOKKENスタジアムでソフトバンクの和田毅投手が上々の仕上がり具合を披露した。オリックスを相手に3回を投げて2安打1失点。失点も3回にセーフティースクイズを決められて奪われたもので、それ以外はほぼ完璧と言えるものだった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季初の対外試合登板を終えた左腕は「ワインドアップ、セット、いろいろ経験できていい試合になったと思います」とまずは充実の表情。そして「体の状態は昨年を考えると違っている。寒さの中で昨年は嫌だなと思ったけど、今日は苦もなく投げられた。違う自分でいられている」と、今年ここまでのコンディションの良さを改めて感じたようだ。

 2月21日に40歳になった和田。だが、加齢によって衰えるどころか、今年、また新たな進化を遂げようとしている。そのスタイルが、この日の投球にも現れていた。

 この日、オリックス打線を相手に多投したのがカーブだった。オフの間から自主トレ、キャンプと試行錯誤してきたボール。これまでも持ち球に加えようとしてきたが、なかなか上手くいかず。自主トレを共に行う後輩の笠谷俊介投手に教えを乞うて、握りを伝授してもらい、工夫を凝らしてきた。

 この日の最大のテーマにも、このカーブを置いた。「前回と同じようにカーブを使っていきたいとテーマに置いて投げました。調子はいい方ではなかったですけど、そこそこ抑えることは出来た」。2回先頭の吉田正をそのカーブでタイミングを外して右飛に打ち取るなど、カウント球、そして追い込んでからの勝負球としてもカーブを使った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」