野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹の密かな“アキレス腱” 栗原陵矢の捕手起用に込められた工藤監督の思惑とは?

ソフトバンクは2月28日、宮崎市のアイビースタジアムでオリックスと練習試合を行った。若手主体のメンバー構成で臨むと、打線が爆発して10-0で大勝。1か月に及んだ宮崎生活をいい形で締めくくった。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】

28日のオリックス戦で捕手として起用された栗原陵矢

 ソフトバンクは2月28日、宮崎市のアイビースタジアムでオリックスと練習試合を行った。若手主体のメンバー構成で臨むと、打線が爆発して10-0で大勝。1か月に及んだ宮崎生活をいい形で締めくくった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 前日に続き、この日は主力メンバーは出場せずに若手中心のメンバーがスタメンに並んだ。その中で目を引いたのが5番に入った栗原陵矢捕手。昨年の日本シリーズMVPは、この日、対外試合で初めて捕手として出場し、マスクを被った。

 岩嵜、嘉弥真、奥村らとコンビを組み、中盤まで無失点に抑えるリード。ここまで打撃の状態も上がってきていなかったが、この日は2安打を放ち、試合後は「いつもの倍疲れました。守れた方がいいと思いますし、試合に出るために自分の幅が増えていけばいいかなと思います」と笑顔で振り返った。

 昨季は一塁手と外野手でレギュラーの座を掴んだ栗原。今年もここまでは一塁手と外野手での起用ばかりで、マスクは被ってこなかった。だが、キャンプ中はブルペンで投手の球を受けるなど、他のポジションの練習の合間を塗って捕手としての練習も行っていた。

 果たして、栗原の捕手起用の可能性はどこまであるのか。試合後、工藤監督は「今日の姿を見ていると結構いけるかな、と。拓也のライバルになるかな…、というくらいに落ち着いてやっていました」と、この日の動きを評価した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」