野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • なぜ“棒立ち”なのにエグい変化球? 異色の投球フォームが「非現実的だ」

なぜ“棒立ち”なのにエグい変化球? 異色の投球フォームが「非現実的だ」

プロ野球選手でもなかなかお目にかかることができない“異色の投球”が話題となっている。ほぼ“突っ立った”姿でギュンギュン曲がる変化球を投げる投手に、ファンからは「非現実的だ」「シンプルにエグイ」などと称賛の声が上がっている。

テュレーン大のブレーデン・オルトフ(画像はスクリーンショット)
テュレーン大のブレーデン・オルトフ(画像はスクリーンショット)

極端な上体投げから繰り出されるチェンジアップに投球分析家も「お見事」

 プロ野球選手でもなかなかお目にかかることができない“異色の投球”が話題となっている。ほぼ“突っ立った”姿でギュンギュン曲がる変化球を投げる投手に、ファンからは「非現実的だ」「シンプルにエグイ」などと称賛の声が上がっている。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

「ピッチング・ニンジャ」の名で、投球の高度な分析を行うロブ・フリードマン氏がツイッターに動画を投稿。長髪をなびかせた投手がテークバックもそこそこに腕をひょいと振ると、真ん中高めの軌道から打者の手元で急激に変化するチェンジアップが、地面スレスレのところでミットに収まった。

 NPB選手もびっくりしそうなアマ投手の姿に、フリードマン氏も「お見事」と脱帽。極端に狭いストライドで投球後の目線の位置はほぼ変わらず、力感のなさはまるで強めのキャッチボールを行っているかのようなフォームも目を引き、ファンからも「投球フォームが気に入った」「力入れてるようにさえ見えない」などとコメントが寄せられていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」