野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 6年55億円の松坂大輔が日本人トップ評価 米誌が選出、過去40年の“有望株”ランク

6年55億円の松坂大輔が日本人トップ評価 米誌が選出、過去40年の“有望株”ランク

米野球専門誌「ベースボールアメリカ」は過去40年間のプロスペクト(有望株)40選手を選定。2007年にレッドソックスに入団した松坂大輔投手(西武)を13位、2018年のエンゼルス大谷翔平投手を30位にしている。

レッドソックス時代の松坂大輔【写真:Getty Images】
レッドソックス時代の松坂大輔【写真:Getty Images】

松坂は入札額約54億円、6年約55億円の契約でRソックスに入団

 米野球専門誌「ベースボールアメリカ」は過去40年間のプロスペクト(有望株)40選手を選定。2007年にレッドソックスに入団した松坂大輔投手(西武)を13位、2018年のエンゼルス大谷翔平投手を30位にしている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ランク付けは、ベースボールアメリカが創刊した1981年当時の編集長らメジャーリーグの知見に富む3人が担当。この40年間で野茂英雄氏ら多くの日本選手が海を渡ったが、そのトップは、2007年に西武からポスティングシステムを利用してレッドソックスに移籍した松坂大輔投手で、13位に入っている。

 記事は「日本で、オリンピックで、WBCでスターだった“Dice-K”は鳴り物入りで26歳の時にMLBにやってきた。その熱狂に見合う働きをアメリカでなかなか出来なかったが未来のNPBのエースたちのために道を開いた」と評している。

 入札額は5111万1111ドル(現在のレートで約54億円)、6年5200万ドル(同約55億円)でレッドソックスに入団した松坂は1年目に15勝、2年目に18勝を挙げたが、その後は故障にも泣かされ、2015年に日本球界復帰。昨年古巣の西武に加入し、今季は復活にかけている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」