野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「村上スタイルで使い続けていれば…」燕OBも“放出”惜しむ廣岡大志の将来性

巨人の田口麗斗投手とヤクルトの廣岡大志内野手との交換トレードが1日に発表され、球界を注目を集めた。2人にとっては、3月26日のシーズン開幕まで1か月を切る中での電撃移籍に。若手有望株と引き換えに、先発陣の補強を図ったヤクルト。球団OBからは、廣岡の放出を残念がる声も出ている。

ヤクルトから巨人にトレード移籍した廣岡大志【写真:荒川祐史】
ヤクルトから巨人にトレード移籍した廣岡大志【写真:荒川祐史】

ヤクルトコーチ時代に廣岡を間近で見ていた野口寿浩氏

 巨人の田口麗斗投手とヤクルトの廣岡大志内野手との交換トレードが1日に発表され、球界を注目を集めた。2人にとっては、3月26日のシーズン開幕まで1か月を切る中での電撃移籍に。若手有望株と引き換えに、先発陣の補強を図ったヤクルト。球団OBからは、廣岡の放出を残念がる声も出ている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2015年のドラフトで2位指名を受けて智弁学園から入団した廣岡。1年目の2016年にはセ・リーグの高卒新人野手では56年ぶりとなる初打席初本塁打をマークし、鮮烈な印象を刻んだ。4年目の2019年には自己最多の91試合に出場し、初の2桁となる10本塁打を記録。昨季は外野でも出場したが、代打などが中心となり87試合出場にとどまっていた。

「大志を出すんだ……とは思いましたね」。そう語るのは、ヤクルトOBであり、日本ハムや阪神、横浜(現DeNA)でも通算21年にわたって捕手として活躍した野口寿浩氏。2017年から2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務め、廣岡の持つポテンシャルを間近で感じてきた。

「飛ばす力がある、足は速い、肩は強い。持ってるものは抜群でした。間違いなくトッププロスペクトのひとりでしたね」

 球団フロントも、いの一番に廣岡の名前を挙げて「早く一人前に」と求めていたという。そんな“強化指定選手”を手放したことに、OBのひとりとして「ちょっと残念な気持ちもあります」と語る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」