野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹のロボット応援団に新展開 ペッパーが倍の40台に“増員”、担当者「今後に注目を」

ソフトバンクは2日、本拠地PayPayドームへと戻り、中日とオープン戦を戦う。1か月の及ぶ宮崎でのキャンプ生活を終え、今季初の本拠地での試合となる。

左翼スタンドにズラリと並んだヒト型ロボット「Pepper」たち【写真:福谷佑介】
左翼スタンドにズラリと並んだヒト型ロボット「Pepper」たち【写真:福谷佑介】

レフトスタンドにズラリと並んだ40台のペッパーたち…

 ソフトバンクは2日、本拠地PayPayドームへと戻り、中日とオープン戦を戦う。1か月の及ぶ宮崎でのキャンプ生活を終え、今季初の本拠地での試合となる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 コロナ禍で行われた昨シーズン、ソフトバンクのホームゲームで注目を集めたのが「ロボット応援団」だった。人型ロボット「Pepper(ペッパー)」と四足歩行型ロボット「spot(スポット)」による“きもかわ”ダンスが反響を呼んだ。

 今季初戦、この「ロボット応援団」も新たに“2021年仕様”に進化を遂げるようだ。この日、ソフトバンクナインが練習を行う中で左翼スタンドには40台に“増員”された「Pepper」たちがズラリと並んだ。昨季は最大でも20台ほどで、実に倍増に。「spot」は姿を消したものの、その光景は衝撃的なものになった。

 球団では更なる「ロボット応援団」のストーリー展開を描いているようで、担当者は「今後、開幕までにロボット応援団がどうなっていくか、注目していただきたいです」と言う。昨年も話題となった鷹のロボット応援団。今年はどんな“きもかわ”ぶりを発揮してくれるだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」