野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

質・量ともに不安残る先発陣 電撃加入の田口が救世主か、燕の開幕ローテを独自予想

26日のプロ野球開幕まで1か月を切った。スタートダッシュに成功するために重要になるのは、やはり先発投手の開幕ローテーションだろう。オープン戦の結果次第で状況は変わるものの、現時点での各球団の6枚を占ってみたい。今回は2年連続のセ・リーグ最下位に沈むヤクルトだ。

ヤクルト・小川泰弘、石川雅規、巨人から加入した田口麗斗(左から)【写真:荒川祐史】
ヤクルト・小川泰弘、石川雅規、巨人から加入した田口麗斗(左から)【写真:荒川祐史】

昨季10勝の小川、41歳石川、スアレス、田口は確定か

 26日のプロ野球開幕まで1か月を切った。スタートダッシュに成功するために重要になるのは、やはり先発投手の開幕ローテーションだろう。オープン戦の結果次第で状況は変わるものの、現時点での各球団の6枚を占ってみたい。今回は2年連続のセ・リーグ最下位に沈むヤクルトだ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

〇開幕ローテ予想(昨季成績)
小川泰弘(20試合10勝8敗、防御率4.61)
石川雅規(15試合2勝8敗、防御率4.48)
スアレス(12試合4勝4敗、防御率2.67)
※田口麗斗(26試合5勝7敗、防御率4.63)
高梨裕稔(18試合3勝6敗、防御率4.12)
原樹理(5試合2勝2敗、防御率5.19)
※田口は巨人での成績

 昨年のチーム防御率は12球団ワーストの4.61。そんな中にあって小川は5年ぶりの2桁勝利をマーク、8月15日のDeNA戦でノーヒットノーランを達成するなど存在感を示した。オフには国内FA権を行使した上で残留。新たに4年契約を結んだ。大黒柱としての働きが期待される。

 そして今年1月に41歳になった左腕石川も健在。昨年までにNPB通算173勝を挙げた経験を生かした老練な投球で今季もローテの一角を担いそう。そして来日3年目となるスアレスは1月に来日し、2週間の隔離生活をへてキャンプイン。調整を進めてきた。ここまでの3投手は当確と言っていいだろう。

 鍵を握るのは3月1日に内野手との交換トレードで巨人から加入が発表された田口麗斗投手だろう。2016年に10勝、2017年に13勝を挙げるなど通算36勝(37敗)を誇る左腕。救援に転じた2019年には侍ジャパンの一員として「プレミア12」制覇にも貢献している。実績は十分で25歳という若さも魅力。新天地のヤクルトでは先発ローテの一角として期待されている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」