野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 有原航平
  • 有原航平にメジャーの洗礼 地元紙が指摘「簡単ではないと学ぶことに…」

有原航平にメジャーの洗礼 地元紙が指摘「簡単ではないと学ぶことに…」

レンジャーズの有原航平投手は2日(日本時間3日)、アリゾナ州グレンデールで行われたホワイトソックスとのオープン戦(特別ルール)で先発登板。メジャー“初登板”は計1回1/3回を投げ、5安打3失点だった。最速は93マイル(約149.7キロ)。2回ともイニング途中で打ち切られ、有原は「ワクワクする気持ちはありましたし、その中で抑えられなかったのは悔しい。次は結果を出せるようにしたいなと思います」と振り返った。

Wソックス戦に先発したレンジャーズ・有原航平【写真:AP】
Wソックス戦に先発したレンジャーズ・有原航平【写真:AP】

ダラス・モーニングニューズ紙「スプリングトレーニング初先発で苦戦した」

 レンジャーズの有原航平投手は2日(日本時間3日)、アリゾナ州グレンデールで行われたホワイトソックスとのオープン戦(特別ルール)で先発登板。メジャー“初登板”は計1回1/3回を投げ、5安打3失点だった。最速は93マイル(約149.7キロ)。2回ともイニング途中で打ち切られ、有原は「ワクワクする気持ちはありましたし、その中で抑えられなかったのは悔しい。次は結果を出せるようにしたいなと思います」と振り返った。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 地元メディアはどう見たのか。「コウヘイ・アリハラはスプリングトレーニング初先発で苦戦した」と伝えたのは地元紙ダラス・モーニングニューズだった。「初めての先発登板はブーイングを浴びながら終わった。効果的な投球ができていなかった」と指摘。

 さらに「ブーイングは彼に向けられたものではなかった。2回2死満塁でアブレイユを打席に向かえ、レンジャーズのウッドワード監督はイニングを終わらせた。ファンは納得できなかった。アリハラも自身のパフォーマンスに満足していなかった」と伝えた。

 地元紙フォートワース・スターテレグラムは「1人の打者に対しては素晴らしかった。それはすぐに下り坂になった」と報道。初回、先頭の2019年首位打者アンダーソンを遊ゴロに打ち取ったものの、同1死一、二塁から若手有望株ボーンに左越え3ランを被弾。「そこからすぐにMLBはそこまで簡単じゃないと学ぶことになった」と伝えた。
 
 オープン戦初登板こそ結果を出せなかったものの、ウッドワード監督は「良かったと思う。ストライクを投げていたし、質の高い球も投げていた。ゾーン全体を使えていた。総じて楽しかった。彼は良い投球をしていたよ」と評価していた。開幕までしっかり調整していきたいところだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」