大谷翔平、OP戦1号はバックスクリーン越え弾 米メディア驚愕「なんということだ」

本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】
本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】

飛距離142メートル、打球速度173キロ、メジャー4年目でOP戦初アーチ

■エンゼルス – レンジャーズ(オープン戦・日本時間4日・テンピ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦で「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で今季“1号”を放った。オープン戦での本塁打はメジャー4年目で初めてだ。

 初回無死一塁は四球、3回1死二塁はニゴロだった。待望の一発は2-1で迎えた5回無死二塁だ。右腕クラウスからバックスクリーンを越える特大弾を放った。今季の実戦2試合、6打席目で初アーチ。球団は飛距離468フィート(約142.6メートル)、打球速度107マイル(約173キロ)と発表した。

 米メディアも驚愕だった。地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」は「ショウヘイ・オオタニ、なんということだ」と動画付きでツイート。地元紙オレンジカウンティ・レジスターのエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は「ショウヘイ・オオタニがセンターのバックスクリーンを越えるアーチを放った」と速報。米メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は自軍ベンチ内のチームメートが驚いて頭を抱える様子を伝えた。

 実戦初出場となった1日(同2日)のホワイトソックス戦では3打数2安打2得点。メジャー4年目にして初のオープン戦マルチ安打だった。投手では5日(同6日)のアスレチックス戦でオープン戦初登板に臨むことが決まっている。二刀流復活へ、まずは打撃で存在感を見せた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY