野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷一問一答 自己最長143Mバックスクリーン越え弾に自信「もっともっと良くなる」

大谷一問一答 自己最長143Mバックスクリーン越え弾に自信「もっともっと良くなる」

エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦で「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で今季“1号”を放った。オープン戦での本塁打はメジャー4年目で初めてだ。チームは6-2で勝利した。

ズーム会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】
ズーム会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】

メジャー4年目でオープン戦初本塁打「スイングも良かったし、見え方も良かった」

■エンゼルス 6-2 レンジャーズ(オープン戦・日本時間4日・テンピ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦で「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で今季“1号”を放った。オープン戦での本塁打はメジャー4年目で初めてだ。チームは6-2で勝利した。

 待望の一発は2-1で迎えた5回無死二塁だ。フルカウントから、右腕クラウスのフォーシームを捉え、バックスクリーンを越える特大2ランを放った。今季の実戦2試合、6打席目で初アーチ。球団は飛距離468フィート(約142.6メートル)、打球速度107マイル(約173キロ)と発表。飛距離はメジャー公式戦を含めて渡米後最長だった。

 実戦初出場となった1日(同2日)のホワイトソックス戦では3打数2安打2得点。メジャー4年目にして初のオープン戦マルチ安打だった。この日は四球、ニゴロと合わせ2打数1安打2打点。オープン戦はこれで5打数3安打の打率.600となった。試合後の会見では充実した表情で特大弾を振り返った。

――今後へどれくらいの自信につながるか。
「スイングも良かったですし、見送っている感じも見え方も良かった。もっともっと良くなると思いますけど、シーズンに向けて上げていけたらと思います」

――マドン監督が上半身と下半身がうまく連動していると話していた。
「上体がしっかり残っている段階で打ちにいくかどうかを下半身が決めている。いい傾向かなと思いますね」

――飛距離は自己最長だった。
「風もあったので、飛距離がどうのこうのは分からないですけど、ある程度いい角度で上がってくれるということはいい軌道で捉えているということなので。結果的に本塁打になる確率が高いですし、そういう軌道で入ると比較的いい打撃ができるのかなと思っています」

――2日後のアスレチックス戦で実戦初登板に臨む。
「基本的には真っすぐが軸になると思う。実戦なのでランナーが出た時の打者との間合いを取って投げられているかどうかだと思います」

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」