野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の自己最長143M弾に名物解説者が大興奮「オーマイゴッド」「信じられない」

大谷翔平の自己最長143M弾に名物解説者が大興奮「オーマイゴッド」「信じられない」

エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦で「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で今季“1号”を放った。オープン戦での本塁打はメジャー4年目で初めてで、飛距離468フィート(約142.6メートル)は自己最長だった。地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」の名物解説者マーク・グビザ氏は大興奮だった。

オープン戦1号を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】
オープン戦1号を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】

名物解説者グビザ氏「オオタニのパワーはインクレディブルさ!」

■エンゼルス 6-2 レンジャーズ(オープン戦・日本時間4日・テンピ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦で「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で今季“1号”を放った。オープン戦での本塁打はメジャー4年目で初めてで、飛距離468フィート(約142.6メートル)は自己最長だった。地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」の名物解説者マーク・グビザ氏は大興奮だった。

 名物解説者も待望した一発は2-1で迎えた5回無死二塁だった。フルカウントから、右腕クラウスのフォーシームを捉え、バックスクリーンを越える特大2ランを放った。今季の実戦2試合、6打席目で初アーチ。打球速度107マイル(約173キロ)と完璧な一発だった。エンゼルスなどで通算132勝を挙げた名物解説者はツイッターで大谷関連の投稿を“連投”した。

「オオタニのパワーはインクレディブルさ!」

「オオタニにとって素晴らしい1年になるかもしれないね!」

「ヘイローズが勝った! 投手は力強かった。そしてオーマイゴッド。ショータイムの一発は信じられない!! 468フィート!!」

 新型コロナウイルス感染防止のため、米メディアも人数を絞って取材中。この日、グビザ氏は放送席に座っていなかったが、大谷の自己最長弾にインパクトを受けたようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」