野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • ダルビッシュも注目 大谷翔平の“魔球”スプリットに米衝撃「意味が分からない」

ダルビッシュも注目 大谷翔平の“魔球”スプリットに米衝撃「意味が分からない」

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦に今季初登板し1回2/3を3安打1失点で降板。最速100マイル(約160.9キロ)の直球とスプリットで5奪三振の快投を演じた。打者の目線から消えバットが空を切った“魔球”に米も注目している。

アスレチックスとのオープン戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
アスレチックスとのオープン戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

2回1死一、二塁でカンハから空振り三振を奪ったスプリットの変化に注目

■エンゼルス 7-3 アスレチックス(オープン戦・日本時間6日・メサ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦に今季初登板し1回2/3を3安打1失点で降板。最速100マイル(約160.9キロ)の直球とスプリットで5奪三振の快投を演じた。打者の目線から消えバットが空を切った“魔球”に米も注目している。

 この日のオープン戦初登板で大谷が奪ったアウトは全て三振だった。161キロをマークした力強い直球が復活、そして伝家の宝刀・スプリットのキレも抜群だった。なかでも2回1死一、二塁の場面で右打者カンハから空振り三振を奪った1球は圧巻だった。真ん中付近から急激に変化を見せると、足元付近まで“落下”しバットは空を切った。

 この1球を「ピッチングニンジャ」の愛称で高度な分析を行い、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブ、ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで「オオタニのあり得ないスプリット」とコメントを添え動画を公開。

 あり得ない変化を見せた“魔球”にファンも「もう意味が分からない」「なんだこれ!」「世界で最も偉大なアスリートの1人」「これは犯罪だ」「ビューティフル」と大絶賛。パドレスのダルビッシュ有もこのツイートに目を見開く絵文字で反応するなど注目していた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」