野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・今宮の華麗な守備に工藤監督も舌を巻く 「なんだかんだ言って守備の要」

ソフトバンクの今宮健太内野手が堅守を見せ、回復ぶりをアピールした。6日に行われた阪神とのオープン戦に「2番・遊撃」でスタメン出場すると、2回には工藤公康監督も舌を巻く見事な好守を披露した。

「2番・遊撃」でスタメン出場したソフトバンク・今宮健太【写真:福谷佑介】
「2番・遊撃」でスタメン出場したソフトバンク・今宮健太【写真:福谷佑介】

ふくらはぎのコンディション不良で出遅れていた今宮

■阪神 3-1 ソフトバンク(オープン戦・6日・PayPayドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの今宮健太内野手が堅守を見せ、回復ぶりをアピールした。6日に行われた阪神とのオープン戦に「2番・遊撃」でスタメン出場すると、2回には工藤公康監督も舌を巻く見事な好守を披露した。

 ふくらはぎのコンディション不良のため、キャンプをリハビリ組で送ってきた今宮。オープン戦が始まった2日から1軍に復帰すると、この日2試合ぶりに先発出場した。2回には糸原が放った二遊間へのゴロに追いつきキャッチすると、そのまま流れるようにランニングスロー。楽々とアウトにしてみせた。

 続く高山の二遊間へのゴロも華麗に捌いてアウトにし、さすがの守備力を発揮した。試合後、工藤公康監督は「あんな難しいのをね。一瞬ヒヤリとしましたけどね。無難にこなしてましたし、足の感じはだいぶ良くなってきているのかなと思う。いい守備できて、徐々に上がっていくと思う」と高く評価した。

 さらには「なんだかんだ言って守備の要なので。彼がいるかいないかで内野の締まりが全然違うんでね、そういう面では怪我せず、しっかり開幕に合わせてやっていってほしいと思います」と全幅の信頼を口にした。若手の懸命のアピールが続く中で、今宮の存在感が光った試合だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」