野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平「楽しむ余裕なかった」 一進一退リハビリで掴んだ161キロと“知将”からの宿題

大谷翔平「楽しむ余裕なかった」 一進一退リハビリで掴んだ161キロと“知将”からの宿題

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アリゾナ州メサで行われたアスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。215日ぶりの実戦登板で最速100マイル(約160.9キロ)の剛速球とスプリットを武器に、1回2/3で3安打1失点と上々のスタートを切った。一方でジョー・マドン監督からはエース級の大きな働きを求められた。

アスレチックスとのオープン戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】
アスレチックスとのオープン戦に登板したエンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】

アスレチックスとのオープン戦で215日ぶり実戦登板、最速161キロ、魔球スプリットを披露した

■エンゼルス 7-3 アスレチックス(オープン戦・日本時間6日・メサ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アリゾナ州メサで行われたアスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。215日ぶりの実戦登板で最速100マイル(約160.9キロ)の剛速球とスプリットを武器に、1回2/3で3安打1失点と上々のスタートを切った。一方でジョー・マドン監督からはエース級の大きな働きを求められた。【小谷真弥】

 昨季とは全く違う。初回1死二塁。大谷は最速161キロの剛速球でオルソンから空振り三振を奪った。新人王を受賞した2018年に「悪魔」と評されたスプリットでも2つの奪三振。全5アウトを三振で奪う離れ業を見せた。「球数をしっかり投げられたし、ランナーを背負った投球は実戦でしか出来ない。そこも良かったかなと思います。真っすぐは良かったし、スプリットは変化が良かった」。登板後のオンライン会見で声を弾ませた。

 右肘手術明けの昨季は8月2日(同3日)の本拠地・アストロズ戦で右前腕筋を損傷。その後は打者に専念し、2試合登板、0勝1敗、防御率37.80と屈辱にまみれた。それが215日ぶりの実戦登板で大変貌。昨季終了直後からリハビリを続けてきた大谷にとっては、一進一退だったという。

「いきなり飛び越えて状態が良くなるわけではない。良くなって悪くなって、良くなって悪くなって、良くなって悪くなって。ちょっとずつ上っていくような感覚なので。確実に良くはなっているけど、どのくらい良くなっているかは分かりにくい」

 2019、2020年と投手・大谷のキャンプはリハビリ中心。球数は制限される上、キャッチボールの距離も細かく測られた。「ちょっと楽しむ余裕がなかった」。コンディション万全で臨む今季は、手術前の投球を取り戻す手応えを感じているようだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」