野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹がコロナ禍で新様式のファンサービス オンライン2ショット撮影会は選手からも好評

ソフトバンクは6日の阪神戦で、コロナ禍における新たなファンサービスを実施した。参加した選手らからも「楽しかった」との声が上がり、好評だった。

オンライン撮影会に臨んだソフトバンク・周東佑京【写真:球団提供】
オンライン撮影会に臨んだソフトバンク・周東佑京【写真:球団提供】

オンラインで選手とファンが思い思いに2ショット撮影会

 ソフトバンクは6日の阪神戦で、コロナ禍における新たなファンサービスを実施した。参加した選手らからも「楽しかった」との声が上がり、好評だった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新型コロナウイルスの影響で上限1万人で開催されている今年のオープン戦。球場に来られないファンのために、ソフトバンクは6日の阪神戦でオンラインイベント「オンラインdeホークス 選手と2ショット撮影会」を実施。栗原陵矢捕手、周東佑京内野手、柳町達外野手がファン90人とライブトークアプリ「Meet Pass」を利用して2ショット撮影会を行った。

 ファンクラブ会員を対象に行われたこのイベント。宮崎キャンプ中にも実施され好評だったことからオープン戦期間にも実施されることになった。試合開始2時間前に選手たちがオンライン上に登場。抽選で選ばれたファンは、約18秒間だけだが、2ショットになれ、思い思いのポーズで世界に1枚だけしかない2ショット写真を撮ることができる。

 この日参加した3選手からも好評で、周東は「新しい形でファンを触れ合えたのが楽しかったです。短時間でいろんなファンと触れ合えるけど、18秒じゃ物足りないですね」とファンとの交流を楽しんだ様子。このイベントは7日にも行われる予定となっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」