野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「評価は凄く上がる」 鷹・工藤監督を唸らせた上林の“価値ある”1打席とは?

ソフトバンクは6日、本拠地PayPayドームで阪神とオープン戦を行い、3-1で敗れた。打線が阪神投手陣の前に、真砂勇介外野手のソロで奪った1点のみに終わり、前日に続いて2連敗となった。

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

「『OP戦だからまあ』と思うのか、1打席を大事にしないと、と思うのかは全く違う」

■阪神 3-1 ソフトバンク(オープン戦・6日・PayPayドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは6日、本拠地PayPayドームで阪神とオープン戦を行い、3-1で敗れた。打線が阪神投手陣の前に、真砂勇介外野手のソロで奪った1点のみに終わり、前日に続いて2連敗となった。

 この日ソフトバンク打線が放った安打はわずか5本。6回に真砂がオープン戦2本目となる本塁打を放ってアピールする中で、工藤公康監督が高く評価した打者がいた。9回の第4打席で右中間への二塁打を放った上林誠知外野手だ。

 キャンプ中から好調だった上林だが、前日5日の阪神戦で続いていた実戦の連続安打がストップ。この日も1打席目から二ゴロ、二ゴロ、三直と3打席連続で凡退していた。迎えた4打席目で二塁打を放ったのだが、工藤監督が評価したのはヒット以上に、集中を切らさずに4打席目に臨んだ姿勢だった。

「最後打ったところ、よかったと思います。集中力が切れたり、『OP戦だからまあ』と思うのか、1打席を大事にしないと、と思うのかは全く違う。僕らにとっても、あの1打席の評価がすごく上がる。試合の入り方、過ごし方、最終的な結果、とてもよかったと思います」

 ポジション争いのサバイバルにある選手たち。工藤監督は生き残りをかけて結果を求めているが、結果だけでなく、その姿勢や振る舞いにも目を向けている。3打席凡退する中で、最後の打席に集中し、最後に安打を放った上林に目を細めていた。

 また、上林はこの日、右翼で好守も披露。8回に山本が放った右翼線への飛球に追いつき、スライディングキャッチで好捕した。指揮官は「ライト線によっている形からあそこを捕るというのは難しい。追いつく脚力、守備範囲の広さですね」と絶賛。改めてその守備力の高さにも目を細めてた。

 ここまでのオープン戦でアピールを続けている上林。首脳陣の評価も日に日に高まっており、開幕スタメンの座に確実に近づいてきていると言えるだろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」