野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

気になった田中将大の首振り…元捕手の専門家が懸念する相棒・太田の過度な“気遣い”

楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は6日、中日とのオープン戦(バンテリンドーム)に4回から登板し、4イニング3安打6奪三振1四球2失点。開幕2戦目の27日・日本ハム戦(楽天生命パーク)に向け、着実にステップを踏んだ。かつてヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で通算21年間捕手として活躍した野口寿浩氏が、太田光捕手とのコンビネーションを含めて分析。気になる点を指摘した。

楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

ヤクルトなどで通算21年間プレーした野口寿浩氏が解説

■中日 2-1 楽天(オープン戦・6日・バンテリンドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は6日、中日とのオープン戦(バンテリンドーム)に4回から登板し、4イニング3安打6奪三振1四球2失点。開幕2戦目の27日・日本ハム戦(楽天生命パーク)に向け、着実にステップを踏んだ。かつてヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で通算21年間捕手として活躍した野口寿浩氏が、太田光捕手とのコンビネーションを含めて分析。気になる点を指摘した。

「開幕へ向けての調整としては、非常に順調。ただ、現時点ではまだまだ、細かい制球などの面で“田中将大のピッチング”になりきっていないのも確か。本人としては、狙った所に投げられた確率は決して高くなかったのではないか」と野口氏は見る。実際、3イニング目の6回には、2死からビシエドに初球の146キロ速球が真ん中高めに浮いたところを左中間に運ばれ二塁打に。3連打で2点を失うきっかけとなった。

 野口氏が元捕手として気になったのは、捕手の太田とのやり取りだった。「最初のイニングの4回2死で、左打者の滝野に初球を投げる際、田中将は太田のサインに何度も首を横に振った。何を投げたがっているのかと注目していたら、外から真ん中へ曲げてくるスライダーで見送りストライクを取った」。この後、左打者に対する初球は、判で押したようにスライダーが続いた。

 野口氏は「バッテリーの間で『左打者に対してスライダーでストライクを取ること』をテーマと決めて臨んでいたのであれば、全く問題はない」とした上で「そうではなく、最初に首を振られたことで、太田が気を遣ってスライダーのサインを出し続けていたのであれば、決していいことではない」と警鐘を鳴らした。

 太田は昨季チーム最多の67試合でマスクをかぶった正捕手の筆頭候補。まだプロ3年目の24歳だが、相手が7年間メジャーで活躍してきた“レジェンド”であっても、野口氏は「捕手は常にサインを通じて投手に『自分はこう考えますが、どうですか?』と問いかけるような強い気持ちが必要。気を遣うだけではリードにならない」と強調する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」