野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

期待されて9年目迎えた柳田2世 鷹・真砂勇介が見出す“左キラー”としての活路

激化する競争の中で懸命にアピールをしている。ソフトバンクで9年目を迎える真砂勇介外野手。7日の阪神とのオープン戦では左投手のチェン・ウェイン投手から2安打を放つなど、3打数3安打の大当たり。前日6日にはオープン戦2号の本塁打も放っており、キャリア初の開幕1軍生き残りを猛アピールしている。

3安打を放ちアピールしたソフトバンク・真砂勇介【写真:藤浦一都】
3安打を放ちアピールしたソフトバンク・真砂勇介【写真:藤浦一都】

“ミギータ”真砂は阪神左腕チェンから2安打、開幕1軍へアピール

■ソフトバンク 4-3 阪神(オープン戦・7日・PayPayドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 激化する競争の中で懸命にアピールをしている。ソフトバンクで9年目を迎える真砂勇介外野手。7日の阪神とのオープン戦では左投手のチェン・ウェイン投手から2安打を放つなど、3打数3安打の大当たり。前日6日にはオープン戦2号の本塁打も放っており、キャリア初の開幕1軍生き残りを猛アピールしている。

「左投手でのスタメンで、ここはアピールしないといけないと思っていました」。2回無死一塁で迎えた第1打席、チェンから右翼線への二塁打を放った。3回にもチェンから左前安打。さらに右のガンケルに代わった5回の第3打席でも左前安打を放ち、この日は3打数3安打。「チャンスをもらっている限り、結果を出すしかない」と固く誓っている。

 チームでも指折りの身体能力の高さを誇り、ついたニックネームは“右の柳田”を意味する「ミギータ」。2016年の「WBSC U-23ワールドカップ」でMVPに輝き、脚光を浴びたが、レギュラーどころか1軍定着もままならないままに今季で9年目を迎えた。

 今季、まず目指すのは“左キラー”としての立ち位置だ。ソフトバンクには内野手で川島慶三という“左キラー”がいるが、外野手での右打者は手薄。外野の枠を争う中で、左打者は長谷川勇也や上林誠知、柳町達、釜元豪と多いが、右打者は佐藤直樹だけ。また、工藤公康監督は相手投手の右、左によってスタメンの並びを変える傾向もあり、“対左投手”に活路はある。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」