野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ただ抑えるだけじゃなく…」 鷹・甲斐が語った捕手がオープン戦で行う準備とは?

ソフトバンクは7日、本拠地PayPayドームで阪神とオープン戦を戦い、4-3で勝利した。この試合で決勝点を叩き出したのは甲斐拓也捕手。1点ビハインドの2回に逆転のグランドスラムを放った。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

「この期間を大事にして1打席1打席、意味のある打席にしようと心がけてやっています」

■ソフトバンク 4-3 阪神(オープン戦・7日・PayPayドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは7日、本拠地PayPayドームで阪神とオープン戦を戦い、4-3で勝利した。この試合で決勝点を叩き出したのは甲斐拓也捕手。1点ビハインドの2回に逆転のグランドスラムを放った。

「なんとか1点というところでした。しっかり犠飛でもと打ちに行ったのでホームランになるとは思いませんでした。結果的にああいうホームランになったのかなと思います」。栗原、真砂、佐藤直の3連打で作った無死満塁のチャンスで打席へ。犠飛という最低限の働きだけを意識して打席に入ると、放った打球は左翼ホームランテラス席に消えた。

 逆転の満塁弾に「キャンプから取り組んでいることを継続して、この期間を大事にして1打席1打席、意味のある打席にしようと心がけてやっています」と語った甲斐。打力向上を掲げてオフの自主トレ、キャンプをこなしてきた成果としての一発となった。

 打者としても開幕に向けて準備をしなければいけないが、それと同じく、いや、それ以上に大事になってくるのが正捕手としての準備。このオープン戦という期間、どんなことを意識して捕手は開幕に向けて準備を進めているのだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」