野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

福留と重なる佐藤輝明、和田毅に近い早川隆久 専門家が注目ドラ1を“診断”

3月26日に開幕する今季のプロ野球。ルーキーでは楽天のドラフト1位・早川隆久投手(早大)、阪神の同1位・佐藤輝明内野手(近大)が注目されている。2月のキャンプで2人を視察した日米通算234セーブ右腕・小林雅英氏は、早川をソフトバンク左腕・和田毅投手になぞらえ、中日・福留孝介外野手と間違えたという佐藤輝をレイズ筒香嘉智外野手に勝るとも劣らないスケールを備えると評している。

楽天・早川隆久(左)と阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
楽天・早川隆久(左)と阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

早川のボールの出所の見にくさは成瀬、和田に通じるものがあるという

 3月26日に開幕する今季のプロ野球。ルーキーでは楽天のドラフト1位・早川隆久投手(早大)、阪神の同1位・佐藤輝明内野手(近大)が注目されている。2月のキャンプで2人を視察した日米通算234セーブ右腕・小林雅英氏は、早川をソフトバンク左腕・和田毅投手になぞらえ、中日・福留孝介外野手と間違えたという佐藤輝をレイズ筒香嘉智外野手に勝るとも劣らないスケールを備えると評している。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 即戦力左腕として昨秋のドラフト会議で4球団が競合した早川。2月の沖縄・金武キャンプで打撃投手を務めた模様を、小林氏は次のように評した。「ボールの出所が見にくいとすぐ思いました。急にボールが出てくるイメージ。投げ方は違いますが、成瀬(元ロッテ、現BC栃木)、和田(ソフトバンク)に近いものがあった。大きな武器だと思います」。

 木更津総合高から進んだ早大で素質が開花。ロッテなどでNPB通算117勝を挙げ、メジャーも経験した小宮山悟氏が2019年に早大監督に就任したことも大きいという。自身も小宮山氏とロッテでプレーした小林氏は「投手として必要なあらゆることを(早川に)伝えていると思う。大学の段階でコミ(小宮山)さんから野球を教えてもらっていることは大きい」と語る。

 今季の楽天は田中将、涌井、岸、則本昂と実力者4人を中心に先発ローテが組まれることが濃厚。ここに早川が加わればさらに勢いが増すと小林氏は指摘する。「早川君は起爆剤になる可能性がある。ローテに入って結果を残すとチームも勢いに乗る。それだけのポテンシャルがある投手」と期待を寄せる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」