「今の結果だと使われない…」危機感いっぱいの鷹・周東、アピールの2ラン

オープン戦1号2ランを放ったソフトバンク・周東佑京【写真:福谷佑介】
オープン戦1号2ランを放ったソフトバンク・周東佑京【写真:福谷佑介】

巨人戦の6回にオープン戦第1号となる2ランをドラ1平内から放った周東

■ソフトバンク 5-3 巨人(オープン戦・9日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの周東佑京内野手が、開幕スタメン獲りをアピールする一発を放った。9日に本拠地PayPayドームで行われた巨人とのオープン戦。同点の6回に右中間ホームランテラス席へ決勝のオープン戦1号2ランを放った。

 ここまでオープン戦でなかなか結果の出ていなかった周東に嬉しいアーチが飛び出した。同点で迎えた6回。四球で出塁した甲斐を一塁に置き、打席に立った周東。巨人のドラフト1位ルーキー・平内龍太投手のボールを捉えると、快音を響かせた打球は右中間のテラス席へと飛び込んだ。

「なかなか練習でもあそこに入ることはないんで……。頼むから外野は越えてくれ、と思っていました。まだまだアピールしないといけない立場なんで嬉しかったですね」。打球がテラス席に消えるのを見届けると、一瞬、自らも驚きの表情を浮かべていた周東。アピールの一発に頬を緩めた。

 昨季、シーズン後半に定位置の座を掴んだ周東だが、危機感が募る。「本当に周りの選手に負けたくないですし、レギュラーでもないので、どんどんアピールしないといけない立場。今の結果だと全然打てていないし、塁にも出られていない。そうなったら使われないので」。虎視眈々と二塁のポジションを狙うライバルたちがズラリ。いくら去年タイトルを獲るだけの活躍をしたとはいえ、その座は約束されていない。試合に出るためには結果を残すしかない。

 この日は2回1死満塁で二ゴロを捌くも、今宮にトスする際にボールをこぼした。二塁はアウトになったため記録には残らなかったものの、ミスを犯した。「落ち着いてプレーしないといけない場面で焦ってのミスがまだまだある。いい内容の打席をもっと増やしたいし、守備でも普通のプレーをもっと落ち着いてできるようにしたい」。胸の内は危機感いっぱい。周東のアピールはこれからも続いていく。

【動画】周東のオープン戦1号2ラン

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY