前田健太、初の開幕投手の可能性高まる 3回4K無失点で地元紙注目

オリオールズ戦に登板したツインズ・前田健太【写真:Getty Images】
オリオールズ戦に登板したツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

バルデリ監督「まだ開幕まで余裕がある。いくらでも調整できる」

■ツインズ 1-0 オリオールズ(オープン戦・日本時間10日・フォートマイヤーズ)

 ツインズの前田健太投手がメジャー初の開幕投手を務める可能性が高まっている。9日(日本時間10日)のオリオールズとのオープン戦で3回を投げ1安打無失点。4奪三振、無四球と順調な仕上がりを見せた。前田は「前回より良くなっていたし、かなり仕上がってきたかなと思う。もう少し細かいコントロールを仕上げながら、あとは打者を抑える感覚をもう少し取り戻していきたい」と前を向いた。

 初の開幕投手に抜擢される可能性も高まっている。主戦投手のベリオスが3日のオープン戦で投げ、前田の登板は翌4日。しかし、今回の先発ローテ順では9日が前田、10日がベリオスとなった。昨季サイ・ヤング賞争いで2位に入った右腕について、地元紙「パイオニアプレス」は「ロコ・バルデリ監督が4月1日のミルウォーキーでの試合(開幕戦)で誰にボールを託す考えであるかを公に明かしてはいないが、兆しはケンタ・マエダの方に向いているようである」と伝えた。

 この日、バルデリ監督は「またキレのある登板をしてくれた。やりたいと思っていた事は全部できたし、球種も上手く混ぜながら結果も出した。今日は彼にとって良い日だ」と目を細めた。開幕投手については「まだ開幕まで余裕がある。ローテーションもいくらでも調整できる。スケジュール、オフの日、相手との相性などを見ながら投手を決める」と話した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY