浅い中前打で一塁から三塁へ 鷹・松田の激走動画ににじみ出た常勝のワケ「すごいよ」

好走塁を見せたソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】
好走塁を見せたソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

今宮の芸術的な中前打で一走・松田が三塁へ、ファン注目「すごいよマッチ」

■ソフトバンク 5-3 巨人(オープン戦・9日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは9日、巨人とのオープン戦(PayPayドーム)で5-3で逆転勝ちした。周東佑京内野手が6回に決勝のオープン戦1号2ラン。巨人には2019年6月23日の交流戦(東京ドーム)から日本シリーズ、オープン戦を含めて12連勝となった。「パーソル パ・リーグTV」は今宮健太内野手の芸術的なマルチ安打を動画で公開。ファンは松田宣浩内野手の好走塁にも注目した。

 ファンが注目したのは4回無死一塁。今宮はサンチェスの難しい内角直球を中前へ。中堅・丸は定位置より浅い位置で打球処理したが、一塁走者・松田は一気に三塁へ。三塁・岡本のタッチをかいくぐるスライディングで一、三塁にチャンスを広げた。

 パ・リーグTVは「【マルチ安打】熱男も絶賛する今宮健太の“芸術的バットコントロール”」と動画を公開。故障明けの今宮に向けた「帰ってきたらいよいよホークス止められん!」とのコメントだけでなく、「センター前で三塁に行く熱男の走塁意識の高さ」「すごいよマッチ、こんな元気な37歳いないよ」「若手から中堅からおじさん、助っ人外国人まで、ほんまにホークスの走塁意識は高いよ」と、ベテランの好走塁を称えるコメントも数多く寄せられている。

【動画】一塁走者・松田が浅い中前打で一気に三塁進塁した実際の映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY