鷹・武田翔太が開幕ローテ“当確” 5回無失点に工藤監督「十分先発としていける」

巨人戦に先発し5回無失点と好投したソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
巨人戦に先発し5回無失点と好投したソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

指揮官は「結論はもうちょっと先になります」としながらも高く評価

■ソフトバンク 1-1 巨人(オープン戦・10日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは10日、本拠地PayPayドームで巨人とオープン戦を戦い、1-1で引き分けに終わった。開幕ローテを争う武田翔太投手は5回を投げて2安打無失点。工藤公康監督も「十分先発としていける」と評価し、開幕ローテ入りをほぼ当確させた。

 この日の武田は真っ直ぐとカーブのほぼ2球種で投球を組み立てた。初回に1死一、二塁、3回には2死二塁と得点圏に走者を背負うも、得点は許さず。4回、5回は簡単に3者凡退に片付けた。5回を無失点。3月3日の中日戦でも4回を無失点に抑えており、これでオープン戦は9イニング無失点となった。

 安定した投球を続ける右腕に対し、工藤監督は前日に続き、開幕ローテの決定については濁しつつも「良かったと思います。ああいうピッチングをしてくれれば、十分先発としていけるのかなと思っていますが、結論はもうちょっと先になります」と高い評価を与えた。9日に2番手として登板した笠谷俊介投手と共に、武田は開幕ローテ6枠に入ってきそうだ。

 打線は5安打で1点止まり。ベテランの川島が3打数3安打と1人気を吐き、指揮官は「さすがですね。(小久保)ヘッドが褒めてました。『たまにでよく打てますね』って。試合の中での読みが素晴らしいからああやって打てる。これからもしっかり左の時出る時多くなるので頑張って欲しい」と、その動きに目を細めていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY