燕加入の内川聖一は「セなら普通に打つ」 元鷹コーチ、新天地での活躍に太鼓判

ヤクルト・内川聖一【写真:荒川祐史】
ヤクルト・内川聖一【写真:荒川祐史】

鷹で43勝のバンデンハークは「残ってもおかしくなかった」

 3月26日に開幕するプロ野球。コロナ禍の影響で来日できない外国人選手も多いが、オープン戦では新戦力の活躍も目立っている。ヤクルト黄金期のリードオフマンとして活躍し、現役引退後はヤクルト、ソフトバンクでコーチを務めた飯田哲也氏は、昨季まで2年連続最下位に沈む古巣ヤクルトをどう見ているのだろうか。

 ヤクルトにとって最大の課題とされているのが投手陣の整備だろう。昨年のチーム防御率は4.61。先発不足でローテ編成に苦しんだ。しかし大黒柱の小川泰弘投手は昨オフに国内FA権を行使した上で残留。そして、昨年までソフトバンクに在籍したリック・バンデンハーク投手を獲得した上、廣岡大志内野手との交換トレードで田口麗斗投手が加入した。

「うまく補強できたのではないでしょうか。バンデンハークは真面目な性格ですし、力は持っている。(ソフトバンクに)残ってもおかしくはなかった。しっかりやると思います」

 NPB通算43勝を誇る右腕。飯田氏によれば、近年は相手に覚えられた面もあったというが「最初は負けなかった(デビューから14連勝)ですから。ストレート、ナックルカーブ、スライダー。この3種類でいいと思います」。巨人で先発としての実績がある田口についても「チームを移ったことで大きなチャンスを再び得た」と語る。

 バンデンハークはコロナ禍で来日のメドが立っていない状況だが、ローテに組み込んだ場合は小川、石川、スアレス、田口、高梨と5枚が並ぶ。6枠目候補には2年目の奥川恭伸投手の名前も挙げた。「体力があるならば、育てる意味でローテーションで回して経験させるのもいいのでないでしょうか」とした。

昨季出場機会なしの内川「パの速球投手には苦しい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY