レンジャーズ、観客100%動員でシーズン開幕へ 実現なら米主要スポーツリーグ初か

レンジャーズ本拠地のグローブライフ・フィールド【写真提供:Texas Rangers】
レンジャーズ本拠地のグローブライフ・フィールド【写真提供:Texas Rangers】

本拠のテキサス州では11日にマスク義務化が解除

 レンジャーズが本拠地グローブライフ・フィールドで迎えるシーズン開幕を観客動員を100%にすると地元紙「フォートワース・スター・テレグラム」など複数の米メディアが報じている。実現すれば、米主要スポーツリーグで初の試みとなるという。

 米国では感染者の推移が減少傾向で、レンジャーズが本拠を置くテキサス州では10日(日本時間11日)に感染状況が改善したとしてマスク着用の義務を解除。そのタイミングに合わせ、レンジャーズも計画を明かしたという。

 報道によると、3月29日(同30日)と30日(同31日)のオープン戦2試合と4月5日(同6日)の本拠地開幕戦で、最大収容員数となる4万518人の座席を利用可能に。ファンは、観客席で飲食する時以外はマスクを着用が義務づけられる。

 球団オーナーのひとりであるニール・リーブマン氏は「我々は、これがスーパー・スプレッダーイベントにはならないと自信を持っている」と語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY