キャンプで謎の“世界一予行練習” メッツ珍行動にファン辛辣「まずはPOに…」

メッツのルイス・ロハス監督【写真:AP】
メッツのルイス・ロハス監督【写真:AP】

アウトとったフリ、優勝したフリ…指揮官「気に入ったよ」

 メッツが、スプリングトレーニングで謎の“優勝予行練習”を行った映像が、SNS上で話題となっている。米ヤフースポーツでも「メッツがワールドシリーズ第7戦のシミュレーションをした」との記事を紹介。ルイス・ロハス監督はご満悦な一方、ファンからは様々な声が上がっている。

 記事によると、ニューヨーク・デイリーニュースのディーシャ・ソーサー記者が10日(日本時間11日)に撮影し、ツイッターに投稿した。公開された動画では、コーチが「みんな祝うぞ」「緊張するな」と叫び、珍練習がスタート。外野手がウイニングボールをキャッチしたような仕草を見せると、ナインたちは内野に集まって叫んだり帽子を投げたりしている。

 ロハス監督によれば、エラーなしで27個のアウトを連続して取る「27アウト」という練習を行っていたとのこと。「私の浅い指導者キャリアの中で見た、最も素晴らしい練習かもしれない」「気に入ったよ」とご満悦のようだった。

 一方で、ファンは賛否。「これ、楽しくて素晴らしいね!」「めっちゃ気に入った」と好意的に受け止める声がありつつも「これは私が今まで見た中で最も恥ずかしいメジャースポーツチームによる行為」「最も悲しく、哀れな出来事かもしれない」「まずプレーオフに出られるか心配しないと」と辛辣なコメントもあった。

【動画】ファン賛否“優勝予行練習”の実際映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY