楽天の開幕ローテ6人目は“地味にすごい”男 「最低ラインを崩さないように」

楽天・瀧中瞭太【写真:荒川祐史】
楽天・瀧中瞭太【写真:荒川祐史】

瀧中は11日のロッテ戦で山口に3ラン浴びるも5回3失点

■楽天 8-5 ロッテ(オープン戦・11日・静岡)

 楽天の強力先発ローテの最後の枠は“そこそこは必ず抑える男”が勝ち取りそうだ。2年目で26歳の右腕、瀧中瞭太投手は11日のロッテとのオープン戦(静岡)に先発し、20歳の4番・山口航輝内野手に3ランを浴びたが、失点はその一発のみ。5回3安打3四死球3失点にまとめた。

 スピードという面では速球も140キロにも届かないことが多い。それでも100キロにも満たないカーブで緩急をつけスライダー、カットボール、フォーク、シンカー、ツーシームなど多彩な変化球を駆使して打たせて取る。何より制球の良さが生命線だ。

 この日は3回2死一、二塁で山口に初球の真ん中低めの137キロ速球を左翼席へ運ばれた。「完全な失投を1発で仕留められたが、打たれたことは戻ってこないのでやるべきことをやろうと切り替えました」と語った通り、続く4、5回は立ち直った。

 Honda鈴鹿からドラフト6位で入団し、1年目の昨年は9月に1軍昇格。8試合に先発して2勝(1敗)を挙げた。完璧とはいかないまでも、大崩れしない安定感がセールスポイントだ。

小山コーチ「ゲームメイクする能力がある」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY