大谷翔平、第1打席でシフト破る左前打でOP戦5試合連続安打! 通算128勝右腕から快音

エンゼルス・大谷翔平【写真:Angels Baseball】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Angels Baseball】

オープン戦初出場3日のホワイトソックス戦から5試合連続安打

■エンゼルス – ジャイアンツ(オープン戦・日本時間12日・テンピ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、アリゾナ州テンピで行われたジャイアンツ戦で「3番・指名打者」で先発出場。第1打席で左前打を放ちオープン戦5試合連続安打をマークした。

 この日、大谷は「3番・DH」でスタメン出場するとメジャー通算128勝のジョニー・クエトと対戦。初回無死1一塁からトラウトが2ランを放ち先制に成功すると、続く無死走者なしで迎えた第1打席で三塁線を破る左前打を放った。

 ジャイアンツの守備陣が右よりの極端なシフトを敷く中、がら空きとなった三塁線を破る安打となった。2死一塁からプホルスの左翼線二塁打で一塁から一気にホームを狙ったが生還ならず。これでオープン戦初出場となった2日(同3日)のホワイトソックス戦から5試合連続安打をマークした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY