スーパー中学生と呼ばれた逸材も甲子園はラストチャンス 高知・森木大智の今

高知・森木大智【写真:学校提供】
高知・森木大智【写真:学校提供】

秋の県大会決勝では敗戦も明徳義塾戦で好投

 19日から始まる選抜高校野球大会。今大会も注目選手が目白押しだが、忘れてほしくない存在がいる。中学時代に軟式史上最速の150キロを記録した高知高・森木大智投手。甲子園にはまだ手が届いていないが、投手としては成長中。注目されるからこその悩みを乗り越え、今はしっかりと目標に向かって前に進んでいた。【西村志野】

 森木は高知中3年時に春、夏の全国大会で優勝。その年に軟式球で中学生史上初とされる最速150キロを記録した。「森木大智」の名は全国に知れ渡り、“スーパー中学生”と称された。しかし、怪我などで悔しい時期を過ごし、まだ本来の力が発揮できてはいない。

「野球から離れたい」――。そう思うこともあった。

 1年の夏、右肘に軽い炎症が起き、秋の高知県大会は打者1人への登板のみで終えた。チームも準々決勝で敗れ、選抜につながる四国大会には出場できなかった。昨夏の高知県の独自大会は3年生のメンバーで構成され、出場はなし。新チームになり、秋の高知県大会は準優勝。選抜をかけて県2位で出場した四国大会では1回戦の高松商戦(香川)で先発するも、ストレートを狙われ8回5失点(自責4)。2-5で敗れた。

 自身が抱く「甲子園優勝」の夢はあと1回のチャンスとなった。

「高校1年の秋以降、『もう無理や』みたいに気持ちが落ちることがありました。過剰に周りのことを意識しすぎていたというか、プレッシャー、甲子園出場への期待の声を気にしてしまいました。『やらなくてはいけない』『やばい、やばい』みたいになって、何をしていいか分からなくなってしまいました」

 中学ではほとんど打たれなかった一番自信を持っていたストレートは、高校では簡単にバットに当てられた。

「硬式になるとやっぱり力のある高校生もいますし当たったら飛ぶので、少し悩んでドツボにハマりました。そこから這い上がっていくのがしんどかったですね」

 昨年の1年間はコロナ禍での戦いで、甲子園の切符をかけて挑戦するチャンスすら失った。春の県大会・四国大会は中止。県高野連主催の独自大会は、3年生中心で臨んだため、森木はスタンドから見守った。

「3年生の舞台なので、自分の出たいという気持ちは抑えました。でも、やっぱり出たいという気持ちが出ましたね。ただ、3年生の先輩たちが(独自大会を)優勝したので野球への取り組みは本当に勉強になりました。最後は気持ちなんだなと見ていて学びました」

中学時代の監督・浜口佳久氏が高校でも監督に

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY