ロッテ佐々木朗、プロ初登板で1回無安打無失点! 最速は153キロをマーク

ロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】
ロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】

6回から2番手で登板し1回無安打無失点、ビシエドから152キロで見逃し三振

■ロッテ – 中日(オープン戦・12日・ZOZOマリン)

 ロッテの佐々木朗希投手が12日、中日とのオープン戦(ZOZOマリン)でプロ入り後、初めての実戦登板を果たした。6回から2番手で登板し1イニングを無安打無失点、最速は153キロをマークした。

 待ちに待った“デビュー戦”の舞台は2点リードで迎えた6回。一塁ベンチ前でキャッチボールを終えた右腕は観客からの拍手を受けマウンドに上がった。

 先頭の京田を149キロの直球で一ゴロ、続く阿部を150キロで遊ゴロ、ビシエドには152キロの直球で見逃し三振を奪い3者凡退に仕留めた。

【動画】伝説の幕開け! ロッテ佐々木朗、ビシエドから152キロ直球で見逃し三振を奪う

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY