ストレート全球154キロ超 鷹・千賀の復帰戦とは思えぬ剛球にファン「エグすぎる」

春季教育リーグの中日戦で実戦復帰したソフトバンク・千賀滉大【写真:福谷佑介】
春季教育リーグの中日戦で実戦復帰したソフトバンク・千賀滉大【写真:福谷佑介】

12日の春季教育リーグ中日戦で実戦復帰を果たした千賀

 12日にタマスタ筑後で行われた春季教育リーグの中日戦で実戦復帰を果たしたソフトバンクの千賀滉大投手。今季初めての実戦登板は2回を投げて1安打3奪三振で無失点という内容だった。32球を投げてストレートは16球。その全てで154キロ超をマークし、最速は159キロ。貫禄のピッチングを披露した。

 初回は元チームメートで同期入団の山下に二塁打を浴びたものの、無失点に。この山下に対しての初球でこの日最速の159キロを計測した。2死二塁で迎えた石橋は2球で追い込み、3球目の158キロで見逃し三振に。アウトローにズバッと決まるボールだった。

 2回にも期待の2年目の石川昂をフォークで空振り三振に仕留めるなど、役者の違いを感じさせた千賀。「パーソル パ・リーグTV」のツイッターが石橋を見逃し三振に仕留めた1球を動画で紹介すると、ファンも「エグすぎる」「せんせー 千賀くんが教育リーグの選手をいじめてまーす」「貫禄が違いすぎるー」「エグすぎるだろ」と、復帰戦とは思えぬ球威に驚愕していた。

【動画】「エグすぎる」復帰戦とは思えぬ剛球

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY