野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天は田中将大の復帰で斬新なローテが可能? 元メジャー投手が推奨する策とは…

3月26日に開幕する今季のプロ野球。注目の1人が8年ぶりに日本球界に復帰した楽天・田中将大投手だろう。一般的に柔らかいとされるマウンド、MLBとは異なる登板間隔やボールなどにどう適応していくのだろうか。現役時代にロッテや米大リーグ・インディアンスなどで通算234セーブをマークした小林雅英氏が自身の経験も踏まえて語ってくれた。

楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

キャンプや練習試合ではマウンドの柔らかさに苦慮していたことを指摘

 3月26日に開幕する今季のプロ野球。注目の1人が8年ぶりに日本球界に復帰した楽天・田中将大投手だろう。一般的に柔らかいとされるマウンド、MLBとは異なる登板間隔やボールなどにどう適応していくのだろうか。現役時代にロッテや米大リーグ・インディアンスなどで通算234セーブをマークした小林雅英氏が自身の経験も踏まえて語ってくれた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨年まで7年間ヤンキースの先発ローテの一角として投げ続けてきた田中将。過去にNPBで7年(2007~13年)のキャリアを積み、通算99勝を挙げた実績があるとはいえ、メジャーに馴染んだ投球フォーム、投球スタイルをNPB仕様に再び戻すのは決して容易なことではないという。小林氏はロッテから海外FA権を行使して2008年オフにインディアンスへ移籍。2年間メジャーを経験した後、2010年に巨人の一員としてNPBに復帰した当初、やはり柔らかなマウンドに違和感を覚えたという。

「踏み込む足、左足がしっかり止まらない。ズルっといく感覚なんですね。私は左足の付け根、股関節で踏ん張って止めようとしていました。なので(付け根部分に)疲労、張りが出ました。違和感がありましたね」

 田中将大の沖縄・金武キャンプでのブルペン投球、登板した2月の実戦2試合は明らかにマウンドへの戸惑いが見て取れたという。

「キャンプ序盤では、やはり踏み込む足が弱く感じました。気にしながら投げていたのでしょう。実戦では力を入れて投げにいった時に首をひねるシーンもありました。(日本ハムの)中田選手に打たれた本塁打は自分が意図していたよりも変化球が落ちなかったのだと思います。ボールが異なることで落ち幅、曲がり幅も違ってくるので、この調整も必要です」。

 ただ、近年はNPBでもマウンドを硬く整える球場が増えており、登板を重ねれば解消できる問題だと指摘する。「(2010年)当時の私と違って、彼はオープン戦で結果を残さなければいけないという立場ではない。徐々に形はできていくでしょう。開幕の時点で8~9割の状態に仕上げてくると思います」。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」