左飛がまさかのランニングHR 油断が招いた悲劇に「左翼手は何をやってるんだ?」

ブルージェイズのルルデス・グリエルJr.【写真:Getty Images】
ブルージェイズのルルデス・グリエルJr.【写真:Getty Images】

元DeNA助っ人グリエルの弟ルルデス絡みの失策が招いた“不運”

■パイレーツ 2-1 ブルージェイズ(オープン戦・日本時間13日・ブレーデントン)

 油断が招いた悲劇? アストロズのユリエスキ・グリエルの弟で、ブルージェイズのルルデス・グリエルJr.外野手は12日(日本時間13日)、パイレーツとのオープン戦で、左翼での守備で犯した落球からランニングホームランを献上した。ファンからは捕球を巡り、賛否両論が巻き起こっている。

 5回裏2死走者なしの場面だった。パイレーツのカストロが放った打球は左翼へ。左翼を守っていたグリエルは軽く後ろに下がってキャッチしたが、直後にボールはグラブからポロリ。3アウトで攻守交代と思い込んだグリエルだったが、プレーが続行していることに気づいて慌てて本塁へ返球するも、時すでに遅くカストロの生還を許した。

 この場面をパイレーツ公式ツイッターが動画で投稿すると、ファンからは様々な声が寄せられた。「左翼手は何をしているんだ」「走っている時だから捕球したように見えるが、何とも言えないね」「動いているときの落球だから、アウトだよ」「審判の酷い判定」とグリエルの守備に苦言を呈するものに限らず、判定に納得できないとするファンも現れた。

 失策が絡んで打者走者が本塁まで帰ることを意味する「リトルリーグホームラン」。捕球が認められなかったグリエルは気の毒にも思えるが、アウトが宣言されるまで気を抜いてはならないと改めて思わせるプレーだったのではないだろうか。

【動画】誤審?ミス? うっかりが招いたランニング本塁打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY