前田健太、今季の予想防御率は“3.10” 「ツインズのエースだ」とMLB公式

ツインズ・前田健太【写真:Getty Images】
ツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

昨季の奪三振率、与四球率はいずれもキャリアハイ

 前田健太投手がツインズ移籍2年目を迎える。昨季は11試合に登板して6勝1敗、防御率2.70の好成績。サイ・ヤング賞投票では2位だった。MLB公式サイトは前田について「過小評価されているだけではなく、彼はエースだ」としてメジャー6年目の今季を占い、防御率を「3.10」と予測している。

 2019年まで4年間在籍したドジャースで、前田は589回を投げて防御率3.87。ポストシーズンでは救援として信頼を集めた。そしてツインズ1年目の昨季は大活躍。キャリアハイの奪三振率(32.3%)、与四球率(4%)を記録した。

 記事は「ツインズファンが知りたいのはシンプルで『昨年の成績は本物か? 彼はそれを繰り返すことができるのか?』」であるとし、複数の成績予想システムによる「予想防御率」と投手の評価指標である「予想FIP」を紹介している。

Steamer:防御率4.27、FIP 4.30
ZiPS:防御率4.12、FIP 3.95
PECOTA:防御率2.65、FIP 3.24

苦手だった左打者にスライダーを増やしたのが奏功した昨季

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY