ダルビッシュもカーブの投げ方を… 米球界が支持する「ピッチング・ニンジャ」の正体

パドレス・ダルビッシュ有【写真:Matt Thomas / San Diego Padres】
パドレス・ダルビッシュ有【写真:Matt Thomas / San Diego Padres】

「ピッチング・ニンジャ」はアトランタ在住の54歳の弁護士・フリードマン氏

 米球界で「ピッチング・ニンジャ」の愛称が広く知られる人物がいるのをご存知だろうか。アトランタ在住の弁護士であるロブ・フリードマン氏、54歳だ。フリードマン氏がこの「ピッチング・ニンジャ」の愛称でツイッターを運用し、そのフォロワー数は25万人を超え、その中には大物メジャーリーガーも多くいる。

 フリードマン氏は自身のツイッターでメジャーリーグの投手たちの投球動画を投稿して話題となり、フォロワーを増やしてきた。米メディア「ニューヨーク・タイムズ」では「ニンジャになった弁護士」と題して、このフリードマン氏を特集。その人物像にスポットライトを当てている。

 弁護士を務める傍ら、1999年に共同設立した企業のインターネットソフトウェア部門のマネージャーをしているというフリードマン氏。ここ6年間は「ピッチング・ニンジャ」として1日におよそ30回のツイートを行っており、記事では「フリードマンのツイートで紹介されることはメジャーリーガーにとっても勲章」とまで言及されている。ダルビッシュ有投手がカーブの投げ方について、コンタクトを取った相手もこのフリードマン氏だった。

 フリードマン氏は記事の中で「ずっと投手になりたいと思っていた」という願望を語っており、自宅の地下にはマウンドやネット、そして投球解析ツールの「ラプソード」などがあるという。息子はジョージア工科大学の2年生で投手を務めている。

 フリードマン氏は息子がユースチームにいた際にボランティアでコーチを務めていた。記事では「そのときに指導法が画一的であることに気づき、ピッチングがどのように教えられるべきか、可能な限り学ぶことがミッションであると思った」とされ、インターネット上でさまざまなコーチやトレーナーと情報交換を行うようになった。

複数の球種を重ね合わせて動画にする「ピッチ・オーバーレイ」を世に広める

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY