ダルビッシュに新天地でのしかかる“重圧” MLB公式「ローテを牽引しなければ…」

パドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
パドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

トレード加入のダルとスネルが“プレッシャーがかかる選手”の3、4位に選出

 今オフに大型補強を敢行したパドレス。昨季最多勝のダルビッシュ有投手、2018年サイ・ヤング賞のブレイク・スネル投手を交換トレードで獲得して大きな話題を呼んだ。MLB公式サイトは今季注目される選手を特集。「最もプレッシャーがかかる選手」3、4位に両投手を選出している。

 ダルビッシュは2対5の大型トレードでカブスから、スネルは1対4のトレードでレイズから加入した。昨季のパドレスはレギュラーシーズン37勝23敗でドジャースに次いで2位。ナ・リーグ地区シリーズではマイク・クレビンジャー投手とディネルソン・ラメット投手を故障で欠き、ドジャースに敗退した。そこで、昨季8勝でタイトルを手にした右腕ダルビッシュ、2018年に21勝を挙げた左腕スネルを獲得。先発陣を充実させた。

「ダルビッシュとスネルはオフの中心人物になった。2人は先発ローテーションを牽引しなければならないし、ラメットの肘の不安が解決されなければ重要性はさらに高まるだろう」。ラメットの状態が今季も上向かなければ、2人への負担がより高まると記事は指摘している。

 フェルナンド・タティスJr.内野手と新たに14年総額3億4000万ドル(約370億円)を結ぶなど打倒ドジャースへ態勢を整えたパドレス。一方でダルビッシュら新加入選手への期待は一層高まる。

「ダルビッシュは2019年後半からのレベル(25先発、防御率2.40)を維持できるか。それとも2018年と19年前半のような思わしくない成績に近いものになってしまうのか?」とダルビッシュの今季に注目している。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY