藤浪ら撃破した公立の名将が10年ぶり聖地へ 21世紀枠・東播磨が狙う“大物食い”

東播磨・福村順一監督【写真:荒川祐史】
東播磨・福村順一監督【写真:荒川祐史】

加古川北では春夏2度の甲子園出場を果たした福村順一監督

「どうやって戦っていきましょうか。個々の能力では相手に分があるのは明確ですから。でも無策ではいきませんよ」

 21世紀枠で春夏通じて初の甲子園出場を果たす東播磨(兵庫)の初戦の相手は九州大会4強の明豊(大分)に決まった。2週間後に迫った“初陣”に向け福村順一監督は頭の中で様々なシミュレーションを行っていた。

 福村監督は加古川北で指揮を執った2008年夏、ベスト8入りした2011年春と2度の甲子園に出場を果たしている。常に先の塁を狙う隙のない走塁、打撃だけでなく足を使った攻め続ける野球で“加古北旋風”を巻き起こしたのは記憶に新しい。

 当時のチームとは戦力も違うが福村野球の根底にあるものは変わらない。昨秋の公式戦全10試合では24盗塁をマークした。「昔も今もそうですが、相手を見ても仕方ない。情報に振り回されることなく、自分たちの野球をやり切れることができるかどうか。東播磨の選手も当時の(加古川北)選手に持ってないものを持ってます。動かず負けるな、まずはトライしろと」。

 2010年秋の近畿大会では1年生だった藤浪晋太郎(現阪神)を擁する大阪桐蔭に2-0で勝利すると、翌11年春の選抜では初戦で最速152キロ右腕・釜田佳直(現楽天)を擁する金沢、2回戦でも剛腕・松田遼馬(元阪神・ソフトバンク)を擁する波佐見を撃破している。

「どこにも負けないものを身に着けることが自信につながっていく」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY