「スピードに興味ない」21世紀枠・東播磨の144キロ右腕がドラ1候補から学んだこと

東播磨・鈴木悠仁【写真:荒川祐史】
東播磨・鈴木悠仁【写真:荒川祐史】

昨秋の公式戦では10試合中、8試合で完投した東播磨のエース・鈴木悠仁

 21世紀枠で今春の選抜大会に出場する東播磨(兵庫)の大黒柱は最速144キロの直球を誇るエース・鈴木悠仁投手だ。公式戦の防御率1.10を誇る右腕は「自分は本当に負けず嫌いなので絶対に負けたくない」と初戦の明豊戦に向け闘志を燃やしている。【橋本健吾】

 小学時代はソフトボールで全国大会に出場すると、中学は地元・魚住中学の軟式野球部に所属。だが、1年生で右踵の手術、2年には右手中指を骨折、3年にも右足の肉離れと怪我が相次ぎ、思ったようなプレーをすることができなかった。

「野球をやっている時間よりも怪我の方が多かった。高校に入ってから初めて『野球をやってる』と感じることができました」

 高校入学後は体つくりを一から見つめ直し昨秋から背番号「1」を背負った。昨秋の公式戦では10試合中、8試合に完投。80回1/3を投げ被安打54、77奪三振、10失点、防御率1.01と選抜出場校の中でもトップクラスの成績を残している。

 昨年までの最速は142キロだったが、「上半身、下半身のトレーニングの成果が出た」と、一冬を越え2キロアップの最速144キロをマーク。変化球もスライダー、カーブ、フォークを操るタフネス右腕は「投手戦になるほど集中力は上がる。スピードには興味がないのでチームが勝てる投球をしたい」と意気込む。

市立和歌山の小園と投げ合い「投げミスをしないコントロール、そこを学びました」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY