澤村拓一、2試合連続で押し出し 2/3回を1安打3四球1失点で防御率13.50に

オープン戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】
オープン戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】

5回に2番手で登板、無死満塁から2者連続三振奪うも踏ん張れず…

■レイズ 3-2 Rソックス(オープン戦・日本時間16日・ポートシャーロット)

 レッドソックスの澤村拓一投手は15日(日本時間16日)、フロリダ州ポートシャーロットでのレイズ戦でオープン戦2度目のマウンドに上がった。5回から2番手で登板し、2/3回を1安打3四球2奪三振で1失点。初登板に続き、2戦連続で押し出しを許す場面もあった。

 先頭にいきなり二塁打を許すと、2者連続で四球を与えて無死満塁のピンチを招いた澤村。そこから2者連続三振を奪ったが、続くディアスに対してフルカウントから踏ん張り切れずに押し出し四球を与え、降板となった。

 オープン戦初登板となった12日(同13日)のレイズ戦では、2死から二塁打と3連続四球で押し出しとなり、予定の1回を投げきれずに2/3回を1安打3四球の1失点。2試合で防御率13.50となっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY