山口俊、オープン戦3試合目で初失点 自らの2暴投が絡み2回2安打1奪三振1失点

ジャイアンツ・山口俊【写真:AP】
ジャイアンツ・山口俊【写真:AP】

7回から6番手としてリリーフ登板、2イニング共に先頭打者に出塁を許す

■ロイヤルズ 6-1 ジャイアンツ(オープン戦・日本時間16日・サプライズ)

 ジャイアンツとマイナー契約の山口俊投手は15日(日本時間16日)、ロイヤルズとのオープン戦で7回から6番手としてリリーフ登板。2イニングを2安打1奪三振1失点でオープン戦3試合目にして初失点となった。

 山口の出番は4点を追う7回。先頭のドージャーにいきなり左翼線二塁打を浴びたが、続くメレンデス、イスベルを打ち取り最後はプラットを空振り三振に仕留め無失点。続く8回もマウンドに上がると先頭のマティアスに左前打を浴び、その後は自らの2暴投で1点を失った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY